不用品回収による個人情報漏えいを防ぐためにできること

不要品拐取での個人情報漏洩を防ぐ方法を教える総合情報サイト

家庭用ごみの不用品回収から個人情報は漏洩してしまう

個人情報は自分で守る事が基本

家庭から出るごみの中には個人を特定する情報は必ず存在し、不用品回収の際にそれが漏洩してしまう可能性は十分に考えられます。そしてそのような個人情報は個人で必ず自己責任で個人情報を防止するように注意をしなければなりません。必ずゴミ出しや不用品回収の際個人情報防止の為に事前に確認をするようにしておきましょう。

個人情報はどこで情報が漏洩するのかわかりませんし、それによっていたずらやもしゴミの中に処理がしっかりとされていないキャッシュカードなどがあれば場合によっては勝手に銀行口座からお金を引き落とされるなどの犯罪に巻き込まれる場合も十分に考えられます。なので個人情報は自己責任で必ず守るように十分に気を付けて処理をするようにしましょう。

個人情報漏洩を防ぐ為にゴミ袋に気を付ける

ゴミ出しなどの際の個人情報の防止の際にはゴミ袋にも気を付ける必要があります。自治体からゴミ出しや不用品回収の際に指定されるごみ袋は基本的に半透明の物が多く、もし住所や個人の名前が書かれているものが表面側にあると個人情報が見えてしまうことがありますので、この点には注意が必要になります。

もし半透明のゴミ袋に個人情報の入っている紙やメモなどを入れる場合には、個人情報の記載されているものを外側からは見えないように黒いビニール袋に入れておいたりするなどしてから自治体が指定しているごゴミ袋の中に入れ、しっかりと個人情報が見えないようにするなどの工夫が必要になりますので、ゴミ袋がもし半透明上の場合にはこの点に注意をしておくようにしましょう。