不用品回収による個人情報漏えいを防ぐためにできること

不要品拐取での個人情報漏洩を防ぐ方法を教える総合情報サイト

デジタル機器の不用品回収での個人情報漏洩を防ぐ方法

パソコンはHDDからの情報漏洩に注意

パソコンにある個人情報はパソコン内部に設置されているHDDに記憶されています。なので、このHDDに記憶されている個人情報を抹消、もしくはパソコンを買い替える場合には新しいHDDにコピーして古いHDDを抹消することで個人情報漏洩を防止する防止する事ができます。なのでパソコンの廃棄の際にはHDDのデータの消去、またはコピーは必ず忘れないようにしてください。

このようにHDDのデータは確実に処分をしなければなりません。パソコン上にあるデータは一見消去したように思っていても実際にはデータは完全に消去できずに上書きが可能なまま残ってしまっている場合が多いです。このような場合では簡単にデータは復元できてしまい、犯罪などに悪用される可能性が非常に高くなってしまいますので、HDDのデータは完全に削除でたか必ず何度も確認をするようにしましょう。

情報漏洩阻止の為のHDDの消し方

HDDのデータを消去する際には、基本的にはデータ消去用のソフトウェアを使用するなどして対応をすることがほとんどかと思います。しかし、この場合には処理が完全にできていなかったり、ソフトウェアが適切なものではないといった理由で廃棄しても第三者によってデータが復元されてしまう可能性も十分に考えられます。

なのでこのような場合にはソフトウェアを使用せずにパソコン上からHDDを取り出して処理、またはコピーをする事が一番確実に個人情報漏洩を防ぐことが出来るかと思います。HDDはデータ自体は再利用が可能で、新しく購入したパソコンにつなぐなどしてまた使うこともできますので、ソフトウェアでのHDDのデータ抹消に不安のある方はパソコン上からHDDを取り出し、バックアップ用に自身で保管するなどするのがお勧めだと思います。